FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンケルク

映画、見てきました。。

全く予備知識がない状態で見に行ったのですが
いやー、面白かったですね~

久しぶりに、見入りました。。

いつものごとく、感想と言う感想ではないですが。。
内容にも少しだけ触れてしまうので
続きから~
さて、普通の戦争映画とは違い
ダンケルクは撤退作戦を描いていたのですが

って、たぶんWW2に詳しい人なら知っているのでしょうね。

私は、まったく知りませんでした(笑)

映画の中で「Uボートが魚雷を」と言うシーンで
あ、これはWW2を描いた映画なのだなと、ピンと来たわけです。
艦これやってて良かった(笑)

あ、でですね
撤退作戦を描いているので
普通の映画で言う、侵攻作戦みたいな
敵を殺して進軍だー とか
そういう、虐殺?系?みたいなのは、なかったです。

まぁ、すごく死にますが。。

戦車出てこなかったですし(遠くの方に映ってたかな?)
戦闘機も2種類しか出てきませんでした。
駆逐艦が出てきましたが、名前はさっぱりわかりません(笑)

でも、なんていうんでしょうかね
戦争してても、やっぱり
人は生にしがみつき、生きようとするんだなと思いましたね。。
その中でも、指揮官はやっぱり戦場で死を・・・みたいな?

ドックファイトあって、すごく・・・・こう・・・・はらはらドキドキさせてくれました。

ここ最近で、一番の映画でしたね!!
(ザ・マミーとグランブレイクが微妙だったのがいけない・・)

あ、なんか特殊なカメラで撮影しているそうなので
そういう映画館で見た方が良いそうです。
まぁ、私は普通のもので、おなかいっぱいです。

映画の解説というか、監督の考察本が出ているみたいです。
ちょっと興味があります。。

ダンケルク (ハーパーBOOKS)


そして、BBCのドキュメンタリードラマもDVDであるんですね。。
これは、覚えていたらTUTAYAで借りてみよっかな
ダンケルク 完全版 DVD BOX 史上最大の撤退作戦・奇跡の10日間
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

コメント

4DXだと、船のシーンで座席が揺れるよー

ダンケルクは私も、観ました。面白かったです。

ダンケルク撤退はマニアの間では有名で、
『何十万という将兵が敵に包囲された絶体絶命から脱出』
一致団結したからできた奇跡、という美談
という印象しかなかったのです。

映画では、フランスとイギリスが共に戦う味方なのにいがみあったり、
そも、どんどんドイツ軍が攻めてきて爆弾とか落とされているとこに、じっと砂浜に列を作って待つって、きついよねー
とか、

まるで映画をみてる自分が、1940年のダンケルクにいるような、丁寧な描写がすばらしいですよね。

いまどきの映画には珍しく、CGでないそうです。
やはり、CGでない本物には、圧倒的な本物っぽさというか、息遣いがあります。





(以下、映画みた人向け )

じつは、
反対側のドイツからみれば、圧倒的な連合軍に勝つために、ドイツの名参謀の
(諸葛孔明や、ヤン・ウェンリーばりの)奇策が成功して、敵をついに追いつめた場面なのですよ。
角度を変えると、まさに、180度変わりますね。

なんで、敵ドイツ軍、
やっと逃げ込んだ人ばかり、乗れるかぎりのった避難民みたいな船が、やっと出たところを、魚雷で沈めるとか、なんて悪いやつ、と思えもしますが、

先の180度変えた見方からすると、相手は避難民でなく、ずっと戦ってきて、今も戦闘中の敵軍なので、ドイツも必死で、沈めにかかってくるわけです・・・

いろんな視点からみると、感慨深いものがあります。

No title

おー凄い。私よりもちゃんと感想してる。。
やっぱ文章力が物を言いますね。
4年もブログやってるのに、文章力皆無なのでうらやましいです。。

ダンケルクの戦いのドイツ軍verとかあったら面白そうね。
でも、敵を逃がしちゃったって物語だから面白くない?

私の家の近くだと、4DXでダンケルクやってないので
見るなら探さないとですね・・・

そうそう、ザ・マミーは人が少なすぎて
音響で座席が揺れたので、4DX体験をちょっと味わえました(笑)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。