スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラウンドブレイク 都市壊滅

「グラウンドブレイク 都市壊滅」
なんかカッコいいタイトルですよね!!

まぁ、地震映画なんですけど。

1988年12月7日に起きたアルメニア地震を題材に制作された映画です。
これもまた、ジャケット借りです。。

こんな映画って、評価とか感想とかなかなか書きづらいですが
私は、構わず書いちゃいます!!

ってなわけで、これも続きから―
ドキュメンタリー映画ではなく

実際の出来事をもとに構想した映画のような感じでした。

エンドロールでは、劇中のシーンと実際の写真が並べられ
再現されているのが判るのですが・・・

個人的には、耐震がされていないとはいえ、
建物が崩れ落ちるほどの揺れ
窓が割れるほどの揺れ
それほどまで、強力な揺れの中で
建物の中で、普通に走り逃げ惑う人が描写されているのが、納得いきませんでした。

子供を助けに建物の中へ突入するシーンがあるのですが
その人が逃げている後ろで、建物が崩れていくとか・・・・
ちょっと、ありえないですよね?
こう・・・建物が崩れる時って「くしゃ」って感じで崩れるイメージなのですが。。
なんでしょう、洞窟で奥の方から崩落して逃げるシーンとかあるじゃないですか
あれが、建物の中で起きているのが不思議で不思議で。
しかも、1階で起きてるならともかく、2階ですよ!2階!
床崩れるじゃん。

なんか、納得いきませんでした。

それと登場人物が結構多いのですが、これも捌ききれてない感じがします。
もっと人数を減らして深く掘り下げるか
当時のニュース番組を流すとか、ドキュメンタリーよりの方が良かったかもしれません。

まぁ、ド素人の私が言うのもなんですけどね。
ちょっと消化不良の映画でした。



予告編は面白そうなんだけどなぁ・・・

グラウンドブレイク 都市壊滅
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。